東京の選挙について

東京でも様々な選挙が行われますが、どれも必ず期間中は毎日の様に都内のどこかで必ず街頭演説が行われています。例えば都知事選の場合は都知事は都全体のリーダーを決める意味合いの他にも、国の行政にも大きく影響を与える役職ですので運動期間中は総理大臣や国会議員も応援演説に来て熱弁をふるう事も多く見られます。東京は国の中枢都市ですので総理大臣も国会議員も応援に来やすいと言うポイントも有りますが、日本で1番人口の多い地域ですのでこの地で行われる運動や投票結果は日本のこれからを決める事と言っても過言では無いのですが、最大の問題は若年層の投票率が低く、高齢者の投票率が高い為に現在の政策もどうしても高齢者向けの政策が多くなりがちです。老若男女問わず公平な政策を行う為には若年層の票も必要になりますので、これからの課題はいかに若年層の声にも耳を傾け若年層にとってメリットの有る街頭演説を行い、若年層を投票所に向かわせる事が最大の課題になりそうです。